伊丹市立笹原中学校
 

校長のあいさつ

校長あいさつ

 

 本校は昭和58年に伊丹市立中学校として8校中、一番最後に開校し35年目を迎えます。各学年4クラス、特別支援学級2クラスと、市内では小規模な学校ですが、部活動や生徒会を中心に、地域のお祭りや公園の清掃、小学校行事などのボランティア活動に積極的に参加し、頼れる笹中生として地域の皆様とのかかわりを大切にしています。

 また、生徒会を中心に「だしなみ」「うじ」「いさつ」「かんを守る」の頭文字をとった「みそあじ運動」を行い、「みそあじでそろう心とあふれる笑顔」を合い言葉にして、だれもが過ごしやすい学校づくりを推進しています。

 特に、昨年度からは「いいねカード」として、友達のよいところを互いに認め合う活動を進めています。今年度は、「笹トレ」と称した毎週月曜日の7校時学習を始めます。これは、上級生が下級生に、あるいは同級生同士で教え合いながら進める学習です。次期学習指導要領のアクティブラーニングにも繋がるものと考えています。

 今年度も笹原中学校の教育活動を通して、生徒や教職員、そして保護者や地域の皆様と信頼関係の「絆」を結びながら、「和」を大切にして、「信頼される開かれた学校づくり」を推進してまいりますので、本校へのご理解とご支援をいただきますようお願い申し上げます。

 

伊丹市立笹原中学校  校長 太 田 洋 子