伊丹市立笹原中学校
 

お知らせ

伊丹市立総合教育センターのホームページに、学数支援動画がアップされています。
プリント配信システム『みんなの学習クラブ』とあわせて、家庭での学習にお役立てください。


   学習支援動画はこちら

 みんなの学習クラブ

    教材リンク集はこちら
 

新着情報

 RSS
2年 学年通信「根っこ」36号01/22 15:59
令和2年度の2年生の学年通信「根っこ」の36号です。 前号では「2年生の3学期は3年生予備学期」というお話をしましたが、では具体的にはどんな風に過ごせばいいのか。その答えのひとつとして「進路実現」に向けて日々取り組んでほしい勉強の心構...
1年 学年通信「みなぎる力」25号01/22 15:50
令和2年度の1年生の学年通信「みなぎる力」の25号です。 1月28日(木)に予定されている「わくわくオーケストラ教室」への参加と校外学習について、各施設の実施している感染予防対策、出発時・バス車内での当校の感染予防対策、当日の実施要項...
うれしい悲鳴!(タブレットの利活用)01/22 11:41
本日仕事でパソコンを使っているとき、教頭先生から「パソコンの反応遅いですねー」と言われました。 「もしや?」と思い、各教室での授業の様子を観に行くと、多くのクラスでタブレットを活用していました。 ちょうど、3時間目だったのですが、1年...
2年3組国語科公開授業(先生もがんばってます!シリーズ))01/21 14:51
本日3校時、2年3組国語科の授業が公開授業でした。7~8人の先生が、参観しました。教材は「走れメロス」でした。教科担任の小林先生がこれまでと違う工夫を入れており、モデルとなった「人質」という作品との比較を行い、その違いがなぜ出てきたの...
1年生スピーチ発表会・2年生写真撮影01/20 19:04
本日は、午後からの総合的な学習の時間で、「1年生スピーチ発表会」「2年生写真撮影会」が行われました。 1年生は、これまで取り組んできた職業調べにもとづくスピーチ発表でした。各クラスから選ばれた代表者が発表しましたが、4月から2年生にな...

笹中日誌

更新情報
12345
2021/01/22new

うれしい悲鳴!(タブレットの利活用)

| by 校長
本日仕事でパソコンを使っているとき、教頭先生から「パソコンの反応遅いですねー」と言われました。
「もしや?」と思い、各教室での授業の様子を観に行くと、多くのクラスでタブレットを活用していました。
ちょうど、3時間目だったのですが、1年生は、理科室で実験をしたあと、その様子をタブレットで撮影していました。


2年生は、技術の授業で、それまでに取り組んだことをタブレットにまとめていました。
3年生は、美術の授業で、メッセージカードづくりでしたが、時々、必要に応じてタブレットで調べていました。


どうも、全校生が一度にアクセスすると、職員室での先生方のパソコンの速度が遅くなるようでした。教頭先生と「うれしい悲鳴!」ですね。と言って、笑いながらパソコンとにらめっこしました。
11:41
2021/01/21new

2年3組国語科公開授業(先生もがんばってます!シリーズ))

| by 校長
本日3校時、2年3組国語科の授業が公開授業でした。7~8人の先生が、参観しました。教材は「走れメロス」でした。教科担任の小林先生がこれまでと違う工夫を入れており、モデルとなった「人質」という作品との比較を行い、その違いがなぜ出てきたのかについて、多角的・多面的に考え、友だちとの意見交流を図る授業展開でした。
いつも通り、3組のみんなは、グループになって意見や考えを出し合い、出てきた意見をミニホワイトボードに書き、それをタブレットで撮影し、大きな電子黒板に転送していました。
また、各自のタブレットで、他のグループの内容観ることができ、ICT機器の便利さをつくづく感じました。
14:51
2021/01/20new

1年生スピーチ発表会・2年生写真撮影

| by 校長
本日は、午後からの総合的な学習の時間で、「1年生スピーチ発表会」「2年生写真撮影会」が行われました。
1年生は、これまで取り組んできた職業調べにもとづくスピーチ発表でした。各クラスから選ばれた代表者が発表しましたが、4月から2年生になり、先輩になる雰囲気を感じるスピーチでした。1年間の成長を感じましたよ。


2年生は、昨年取り組んだ「1年間でこんなことができるようになった」の、2年生版でした。「2年生でこんなことができるようになった」ことを画用紙に書いて、タブレットで学年委員が写真撮影していました。「笑顔!笑顔!」と声をかけられての笑顔が印象的でした。4月から最上級生の顔になっていました。


午後は、感染症対策を十分にとった上で、授業参観日として設定しておりました。55名の保護者の方にご来校いただき感謝いたします。ありがとうございました。
19:04
2021/01/19new

私学願書・調査書点検!

| by 校長
1月に入り、3年生は、自分の進路希望先の受験(受検)用願書を記入し、先生方は、調査書を作成しています。
本日は、私立の高等学校や専門・専修学校の願書・調査書点検を、放課後から遅くまでかかって、3年生の先生方で行いました。


私も時々様子を見ていましたが、毎年この点検作業は、ピリピリ感が漂います。絶対大丈夫だと思っていても、複数の目で点検すると、「えっ、こんなとこ間違ってたなんて・・・」ということが、出てきます。
そして、点検作業が終わると、四角の校長印を押します。これがまた、緊張するのです。せっかく点検が通過したのに、うまく押印できずに、やり直しということも、あります。
3年生の3学期は、この繰り返しです。
17:40
2021/01/18

【速報】兵庫県アンサンブルコンテスト

| by 校長
保護者のみなさま、地域のみなさまへ。
昨日は、26年目を迎えた「1.17追悼行事」が阪神・淡路の各地で行われましたが、今年はコロナの影響で、縮小されたり、オンラインであったり、例年通りには実施できなかったところが多かったと思います。
しかし、阪神淡路大震災を知らない世代が増える中、続けていくことは大切だと思いました。様々な特集番組を観ましたが、「知る」「忘れない」「伝える・つなげる」のキーワードは、どの番組でも言われていました。
さて、話はかわりますが、先週末土曜日に、兵庫県のアンサンブルコンテストに、吹奏楽部から2チームが出場しておりました。結果は、2チームとも「銀賞」受賞でした。お疲れ様でした。
08:34
2021/01/15

ローソク書き(昆陽池公園へ)

| by 校長
毎年、1月16日の夕方に、生徒会役員が昆陽池公園まで、追悼のローソクを持って行きます。木曜日に、全校生が、それぞれ想いを込めたメッセージをローソクに書きました。


ただ、今年は、緊急事態宣言が発令されたため、生徒会役員は行かずに、生徒会担当の先生が持って行きます。
残念ですが、コロナウイルスは、こんなところにも影響が出てしまいました。
17:23
2021/01/15

救給カレー(防災の日メニュー)

| by 校長
本日の給食は、防災の日メニュー(防災献立)でした。
メインは、救給カレー。芋煮汁、型抜きレアチーズ(苺)、牛乳でした。
放送部の1年生をはじめ、他の1年生にもインタビューしたところ、開口一番「冷た!」「少な!」「けど、美味し!」などのこたえが返ってきました。
防災訓練時の講評で、全校生に尋ねたところ、ほぼ全校生が「十分な量だった」と、挙手していたので、たまたま私がインタビューした1年生が、よく食べる生徒だったのでしょう・・・。
ただ、実際に避難所で生活する状況になれば、もっと少ないメニューしかないかもしれませんね。


15:34
2021/01/15

防災学習(DIG)・防災訓練

| by 校長
阪神淡路大震災から26年が過ぎようとしています。保護者や地域のみなさまの中には、被災されたり、知り合いの方が、犠牲になられたり、負傷されたりということがあったかもしれません。心より哀悼の意を表します。

1.17を前に、笹中でも、午後から防災学習・防災訓練を行いました。


⑤校時のDIG=Disaster(災害)Imagination(創造力)Game(ゲーム)では、グループにわかれて、各担任の先生から与えられた場面設定にもとづき、防災対策を議論していました。クラスによっては、iPadを活用したり、小黒板を活用したりするなどして、議論の内容をまとめ、発表していました。こんな場面でもタブレットが活用できるんだと感心させられました。


⑥校時の防災訓練では、訓練放送のあと、全校生がグランドに避難してきました。避難の様子をみていましたが、誰一人私語をする生徒はいませんでした。また、3年前から毎年、点呼確認までの時間が短くなり、3年生は、2分以内に完了していました。笹中の見本として、すばらしい姿を下級生に示してくれました。
15:15
2021/01/14

2年生英語タブレット学習(生徒も先生もがんばってます)!

| by 校長
本日は、朝から2年生は、一日タブレットを各自が机の横にかけて、各授業で、必要な時は、いつでも活用できる状態になっていました。
5時間目に、3組の英語の授業を観に行くと、教科担任の横地先生の指示を聞きながら、タブレットにむかって、発音練習を繰り返していました。


Clipsというアプリを使っていました。英文を発音すると、それが、文字で表示されます。発音が正しくないと、別の英文が表示されていました。また、自分の声が録音されているので、後で、音声を再生して、自分の発音をチェックしていました。
タブレットを使わない時は、机の横にあるタブレット用手提げ袋に保管していました。
一昔に、LL教室で授業をしていた時は、音声の録音・再生まででしたから、文字になって表示されるなんて、感動です!今の中学生がうらやましい!
14:33
2021/01/14

伊丹マイスター

| by 校長
伊丹市では、「伊丹マイスター制度」というものがあります。
これは、伊丹市立総合教育センターの各種研修事業や学校における研究・研修等をより充実させるため、教育に関する見識を有し、教科等の指導に係る専門的な知識・技能に優れた小・中学校教員を、「授業マイスター」「英語マイスター」「ICT活用マイスター」として任命するものです。
今年度は、笹中から、国語科担当の窪田先生が「道徳マイスター」に、技術科担当の久森先生が「ICT活用マイスター」に任命されています。
本日は、総合教育センターの先生が来校され、道徳マイスター窪田先生の道徳の授業を、モデル授業としてビデオ撮影されました。1月末の市内の研修会で活用されます。
3年4組での道徳でしたが、「臓器提供」に関する内容で、なかなか重たいテーマでしたが、「命の尊厳」について、集中して真剣に考えている姿は、さすがに3年生!でした。


10:19
12345